コミュニケーションのチカラ~デザインを変えたら・・

ホームレスの多いニューヨーク。くたびれた段ボール紙に、「おなかがすいた」とか「お金がない」などと書いて、座っている。そんな彼らを見かけるたびに、「コミュ力」はきっと彼らの集金力につながるはず、と感じていた。段ボールに書かれたメッセージによって、心の動かされ方が変わってくるからだ。あるホームレスは紙で作った魚と釣竿をおいて、「あなたの良心を釣れたらいいな」というようなことをメッセージとして掲げていた。なかなか賢い。やはり、結構人が集まっていた。

だから、どんなメッセージが、道行く人の心をとらえるのか・・・。そんな実験をやったら面白いだろうなと思っていたら、あるデザイナーの人が、メッセージボードにデザインを加えるという実験を始めた。きれいなカリグラフィーのデザインで、通行人の関心をひく、というわけだ。

メッセージボードはこんな感じ。

メッセージボードはこんな感じ。

実験をしているのはシカゴのアートディレクター。彼のサイトは下記の通り。

http://urbantypeexperiment.tumblr.com/

もう一つ、ホームレスのメッセージということでは、下記の動画が素敵。言葉を変えれば、こんなに人を動かせるんだ、と気づかされる。

The Power of Words

https://www.youtube.com/watch?v=Hzgzim5m7oU

素敵です。